たいてい大手企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなの…

一般的観点からすると大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なの…

たいてい一流企業は定期採用中心です。ですから、転職希望者には適していません。しかも郊外~地方となるとその見込みはさらに小さくなります。例外的に、製造業の場合、地方の工業団地界隈に製造工場を持っていることもとても多いです。そういう地方の工場の場合、事業拡大をする際に「途中採用」を行っているので、このタイミングを利用するのが無難です。そのためには、地方の工場での転職を考えているなら、転職を希望する企業についての情報を収集しておきましょう。ホームページをチェックし、求人予定の予定はあるか、頻繁に確認しておくと間違いがありません。

派遣で働いています。サイト上でなんとなく気になる仕・・

今、私は派遣の会社に入っています。サイトを見ていてふと興味を引かれる仕事を見つけ問い合わせたところ「残念ながらその仕事は、別の人に決まりました」と言われてしまい瞬間的にサイトの中から仕事の情報が見えなくなるのですが、どういうわけか次の日になればまた載っています。これって要するに私ではダメだと言っているのと同じですね。それであるならば初めからカドが立たない程度に正直に教えてくれればありがたいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。そうでなければひょっとして存在しない架空の仕事なのでしょうか?

派遣社員として働いています。労働契約法によりやむを得ず…

派遣社員として働いています。労働契約法により馴染みのある会社での仕事があと数週間で終わります。同じ派遣の方の中には、派遣先の会社で直接雇用のポジションをつかみ取った方もいるのですがその理由としては実際のところ仕事がどうというのではなく派遣先上司へのあしらいがうまい方でそれで採用されたとしか思えません。業務上の能力よりもおじさん転がしの能力の方が必要なのだろうと他の派遣の同僚と職場で愚痴を言う日々です。

今あるスキルを有効活用しながら、転職をしようと考えているのな…

今の自分のスキルや資格を活かして転職活動したいと思っているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなう業界としては、常に人手不足になっている医療や介護系のジャンルがとても有名ですね。医療や介護の業種では看護師および介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルの高いジャンルといえます。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、何かしらの事情によって他の業界に再就職したいと考えているのなら、注意が必要です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、働き手の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。そのため、安易に考えない事が必要です。異業種への転職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを理解しておきましょう。

転職活動をする際に注意して欲しい求人は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく・・

転職のため職探しをする際に注意が必要な求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。こういった募集内容では、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが多々見受けられるます。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料形態に残業代を組み込む、といったことです。(注・合法です)もしも求人に『みなし残業代25時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料です」という話になるわけです。ですが、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない場合もあるので、よく注意をしておきましょう。

職場を変えたいと思っているのなら、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

職場を変えたいと思っているのなら、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。ことさら、転職した年度は、ほとんどの場合「試用期間」が含まれている場合がケースが少なくありません。自分の転職では、なんとか手にした職なのに、期待とは裏腹に前の職場での年収とほぼ同じということがありました。それに加えて、業務は多様で忙しく、とても責任が伴うもので、最初の1年は、ひどく労力を伴いました。そういった実体験を踏まえると、1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、できれば転職以前からお金をためておくべき、と思います。

以前の求人誌に募集条件の中に「性別」について、当たり前のように記載されていました。

今までは求人誌では、募集要項の中に「性別」まで、書かれているのが普通でした。ですが今現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用する際、男女差別があってはいけない事が決まり、応募資格の概要に「性別」の表記ができなくなりました。でも、求人募集をしている企業は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。そのため、男手が希望の会社に女性が応募してきたり、女手が必要な案件に男性が応募してくる、といった感じの問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、女性を希望しているのだと解釈しておいた方が良いです。

転職をしようとするときに、とにかく勤務中の会社を辞職してか・・

転職をしようとするときに、とにかく今の会社を退社してからという考えを持っている人もいるようですが、そうするときにはボーナスの支給日を前もって調べておきましょう。ボーナス支給がある企業はたくさん存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをもらえる時期が近いときには、ボーナスが振り込まれたのを確認してから退職届を提出するというのもおすすめです。ボーナスはそれなりに多くの額が入るはずなので、もらっておかないともったいないとも言えますから、この職場を辞めようと思ったらボーナスが支払われる時期について最初に調べておいた方がボーナスをもらうのを忘れないと思います。

就職した会社で嫌な感じの上司に困惑してしまい、最後…

勤務していた会社で嫌な感じの上司に神経を削られ、ついに我慢することができなくなってその会社は辞め、同じ畑の別の会社に転職しました。上司が温厚でとても満足の毎日でしたが、月日の経過とともに会社の売上が落ち込み、ついにはとある会社に経営統合されることになりました。そして経営統合したのは驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、ものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新しい転職活動を開始する予定です。

転職活動で重要なことは希望する企業相手というよりもある意味、「担当面接官」・・

転職のための活動は希望する企業そのもの、というよりもどちらかと言えば面接係員とのやり取りが大事といえます。採用担当の面接官に良い印象を与えるために、ゼッタイに面接が始まる前に焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする姿勢で向かうと良いでしょう。面接を通じて先ずあなた自身の人間性や人柄を判断してもらうので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意し控えましょう。また社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたらしさを表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず自ずと良い結果を出せるはずです。