たいてい大きな会社は「定期採用」で人材を確保するため…

一般的に見て一流企業は定期採用中心で、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。

  • ほとんどの場合一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。しかも都会エリア外だと転職の確率はとても小さくなります。しかしながら「製造業」関連の場合であれば、地方の工業団地などに工場を置いている少なくありません。そのような工場なら、事業拡大時に途中採用することも珍しくありません。そのチャンスに転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場での転職を希望される場合は、転職を希望する会社についての情報をまえもって仕入れておきましょう。公式サイトをチェックし、求人予定の予定はあるか、忘れずにチェックされることをお勧めします。

  • 今、私は派遣会社に登録して働いています。

  • このところ私は派遣で働いています。サイトを見ていてよさそうな仕事を探し出して応募したい旨を伝えると「その仕事はもう別の方が採用されました」と言われてしまい一瞬サイト内からも仕事の情報がなくなるのですが、どういうわけか翌日にはもう一度載っています。それって結局は私だとダメだってことですよね。そうであれば変に隠さないように正直に教えてくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。そうでなければひょっとして偽りのお仕事なのでしょうか?

  • 派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法の関連…

  • 派遣社員として働いています。派遣法の関連で否応なく、馴染みのある派遣先の会社での仕事が終わります。派遣の仲間の中には、派遣の勤務先で直接雇用の位置をつかんだ方もいるのですが実際のところ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司の扱い方がうまい方で引き立てがあった模様。業務上の能力より上司正社員を転がす能力の方が必要なんだねーと抜擢されなかった他の派遣仲間と職場で愚痴る日々です。

  • 今あるスキルや資格を活用しながら就職活動を検討しているなら、…

  • 今の自分のスキルや資格を活かしつつ、転職を考える際は、転職し易い業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を事前に知っておきましょう。再就職がしやすい業界としては、慢性的に人材不足がいわれている医療や介護系の業種が代表でしょう。医療や介護の業種ではそれぞれ看護師・介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高く、売り手市場となっています。今現在、医療従事者として働いている人が、仕事のきつさから、異業種へ転職したいと思っているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の業界は、流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。そのため、容易に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、他の業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように覚悟しておきましょう。

  • 就職のため仕事探しをする場合に注意して欲しい求人内容…

  • 転職活動に特に注意したほうがよい求人は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。このような募集の場合、給料に『みなし残業代』が含まれていることがとても多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間とか45時間という風に求人の記載内容に時間の併記があるはずです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料形態に残業代を組み込んで計算しておく、といったシステムです。(ちなみに、これは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代30時間込』というのは、「記載時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」という意味になります。しかし、悪質な求人情報では『みなし』という言葉自体がこともあるので注意をしておきましょう。

  • 転職する企業で、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 新しい就業先では「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、入社した初年度は、ほとんど研修期間を入っている企業がケースが多かったりもします。私自身の場合、せっかく新しい職を見つけることができたのに、悲しいかな以前の職場での年収とほとんど同じということがありました。加えて、仕事内容はかなりキツく、とても責任のある立場で一年目を乗り切るのに本当に骨が折れました。そうした経験から初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、もっというと転職前から貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 今までの求人情報に雇用側が必要とする「性別」につい…

  • 今までの求人誌では、「性別」が当然のように記載されていました。けれど今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が雇用の際にあってはならないとして、募集要項の中身に「性別」が無記載となりました。そのような変化があったのですが、募集側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。現実に、本当は男性が必要とする案件に女性の応募が殺到したり、女性希望の企業に男性が応募してきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。例として、「女性が活躍する職場です」という内容の求人募集は、会社側が「女性」を必要としている、と捉えておくべきです。

  • 転職活動を行うときに、まず今の会社を退社してから転職しようとする人もいます・・

  • 新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を退職してからという方もいますが、そういった場合ボーナスが入る時期を気にかけておきましょう。社員にボーナスを出す会社は多いですが、ボーナスもらえる場合は、ボーナスが手に入る時期が近いときには、それを待ってから会社を去るという手も悪くないです。ボーナスはそれなりにたくさんもらえると思うので、もらわないと損ということも言えますから、転職を考える時にはボーナスが支給される日について確認するのを忘れないようにするのがボーナスをもらい損ねないと思います。

  • 働いていた会社で嫌な感じの上司に悩まされ、その結果我慢ができなくなり退職し、…

  • 働いていた会社で感じの悪い上司の存在に悩み、我慢することができなくなってその会社は辞め、同業者の別の企業へ転職しました。新しい会社では上との関係も良好で働くことができ満足していましたが、ゆっくりと業績が落ち込んで、とある会社に経営統合されることになりました。ところがその統合先の会社がなんと前勤務していた会社で、それどころか大変嫌いだった上司が再度私の上司になるそうです。どれだけご縁があるのでしょう。当然ながらまた転職活動を始める予定です。

  • 転職活動では、希望する企業とのやりとりというより、採用担当の面接官…

  • 転職活動を成功させたい場合、希望している企業そのものより、どちらかというと「担当面接官」とのやり取りが重要です。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに緊張せずに焦らずに対応しましょう。例えればお見合いをするような意識で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接がはじまると最初にあなたの中身を評価してもらうのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は気をつけて控えましょう。また良識ある社会人らしく身だしなみや服装を整えながら、面接官に企業に適した人材と認識されれば、自然と良い結果も出やすくなるでしょう。