ずっと接客業で仕事をしていたのですが、年のせいか立ち続ける仕事…

長い間接客関係でお勤めしてきましたが、加齢とともに立った仕事・・

  • 長いこと接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねるにつれて立ったまま行う仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられる事務系のお仕事への転職を目標にして活動をしました。事務が未経験となるとけっこう厳しく、そうであれば接客の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も合格して個人の医院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においても難しい。夜のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時より家に遅く帰らなければいけなくなりましたが、まずはキャリアの形成時と諦めて頑張ります。

  • 転職活動を始めるとき、前もって、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはウェブ上の求人情報を見たり…

  • 転職をする場合、予め、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりして転職したい会社を調査するでしょう。しかしながら、当該会社がどういった情報を表に出すかは、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。そのようなそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、額面通りではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、「聞いていた話とまったく違う・・・」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後はイチャモンをつけて辞めさせないように画策しています。ブラック企業では、このようなことがかなりあります。

  • 転職の面接に転職したい会社へ訪ねました。

  • 転職の面接を受けるためとある会社に行きました。会社内の面接をする部屋が空いていないということで外部のある場所で採用担当者と待ち合わせて採用面接を行って、その場所で解散、面接をした方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことだったわけですが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車の中においても面接官とずっと話をしながら帰宅することになり、そのため緊張が解けて面接しているよりも話が弾み、それがプラスになったのか問題なく採用も獲得することができました。

  • 再就職を考えたとしても、万事首尾よく運ぶ保証はありません。

  • 転職をしようと考えていても万事都合よく運ぶワケではありません。可能であれば、いずれにしても転職をしなくてはならないなら歳の若いうちになるべく早く変えるべきです。一般的には、20代の若いうちは有利に働きますが、30代後半~40代に突入してしまうと転職の場合は、相当に厳しくなります。管理職などを任されているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、今の会社に残ることも選択肢の一つには入れておくべきです。退職後に転職活動をするよりも、今の会社には残ったまま転職活動されるのが後悔することもありません。

  • 再就職するつもりなら、様々な企業を調べたり比較したりしておくと…

  • 転職するつもりなら、まめに多種多様な会社の情報を定期的に調べておくと就職先の労働環境の見極めが大いにしやすくなります。現在の職場にやりがいを感じられないと思っているケースでは、転職活動する際に、どんな企業でもいいように見えます。そうなったら、どこに決めればいいのか、判断が難しくなり、選択を間違える可能性も高くなります。ヘタをすると、最終的には短期間で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある会社は、取引先情報を開示していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名をチェックして内容を把握しておくのも良いと思います。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。

  • 転職する際には面接が必須となります。担当者から「転職理由をお聞かせください」という風に、聞かれることは間違いありません。この時に、どれだけ正論だと思っても、前の職場の「人間関係」「働く環境」についての愚痴やトラブルを絡めた返事などは、出来るだけやめておいたほうが良いでしょう。もしも、そのような不満を口にすると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを台無しにしてしまいかねません。面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのがとても重要です。たとえば「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、のような未来形での話ぶりが担当者の心証はよくなります。

  • 来週からでも転職活動しようと思うのなら、直近の職場や仕事…

  • そのうち転職活動をするのなら、今の業務や仕事の何に不満を感じているのかを明確にしておいた方が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。不平が限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「現状である職場や仕事の不満点を列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでのミスを防げます。その次に仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐことができると思います。

  • 派遣社員であっても、1年ごとに自分自身の好きなタイミングで退職できるワケでなはないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって1年ごとに好きなタイミングで退職できるわけではないと転職を通じて理解しました。私は新婚し、生活が落ちついたあと早く子供がほしかったので、妊娠する時が訪れるまでのあいだ、約1年半~2年ほど今の職場で仕事したかったので就職しました。派遣社員であったために、正社員よりも収入は少なかったのですが、やはり時間的な自由が得られるのでガマンしました。ところが、入社してみると一緒に働く方たちはほとんどの方が派遣の仕事を10年、15年と続けていらっしゃったのです。結論として派遣社員といえども、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、これが今の悩みになっています。

  • 職を変える時に必要なビジネススーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動…

  • 転職の時の面接で着用するスーツのカラーにおいては、新卒の就活の際にに着用する色が安全です。つまり、黒とか紺色の暗い感じの色味になります。それが、転職の面接においても、着ていくビジネススーツのカラーに関しては新卒の就活の時のようなカラーが大多数を占めていて、それ以外の色の人はあまり見かけることはありません。あえて言えば、まれにグレーを着用している方が若干いるくらいです。ほとんどが黒や紺色が大多数です。ですから、採用担当の人も多数を占めるカラーを着用している人の方が自然です。ですから、身だしなみ、という観点においてはぜひおすすめします。

  • 転職の活動をしているときは、まず常に自分の心のうちが…

  • 転職活動を行う際は、まず常にあなたの心のうちが沈着であることを大事にしたいものです。まだ会社を辞めないで転職をする活動をするのであれば、たいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってからする場合にはやはり内心が焦りが出てしまいます。であるので、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。今後、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージを明確にしておき、そして、実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めてみてください。そうすることで、満足いく転職が実現します。