この前転職活動の一環として人材会社に登録に向かいました。

昨日新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。

先週新しい仕事先を探すために人材バンクに登録に行きました。そのときカウンセリングを行いに出てきた担当の人が見たところ会社に入って間もない社員のようで、私が説明している話の5割もその社員はわかっていない感じ。それにもかかわらず「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが大切でしょう」とか、大上段から横柄に話すから大変不快でした。カウンセラーはいくらか仕事の経験がある方にするべきだと思います。

転職時の面接のときにつける腕時計についてですが、明らかに目立つよ・・

再就職の面接を受けるときにする腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目を惹く腕時計の着用は避けたほうが最善といえます。目立つ腕時計とは見るからに高価そうに見えたり、というだけではありません。それとは真逆で安い腕時計に見えるとか、そのような目を惹くということで真反対で目立つ、ということで認識しておきましょう。再就職の面接時の腕時計についてはポジション的にはネクタイやスーツと同じで、面接にふさわしい適切なものを選ぶのがベストです。ですが、年齢に見合った腕時計であるということも重要で、新卒で受けた面接のときに着用していた腕時計よりは少しでも値段が高いものにした方が好印象だと言えます。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。とはいっても、忙しく働きながら求人を調べながら応募したり、面接に行くのは精神的にも肉体的にも大変だといえます。転職活動をしているあいだ、それを同僚や上司に隠さなければいけません。「とりあえず応募しておこう」という方法を選ぶ人がいるのですが、仮に、書類選考をパスし、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、面倒な事になるかもしれません。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、直接応募していたとしても、相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識を持つことが大切です。

仕事を探している際に気にかける募集要項の情報というの・・

再就職を考えている時に閲覧する募集事項については、参考程度に載せている事も少なくありません。ですから、そこに記載されている情報は全部正しいとは安易に信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。その中でも特に報酬に関しては全社員を平均した給料なのか?それとも最低限の金額なのか?最高の給料であるのか?といった判断ができないケースが多く、自分の勝手な判断でわかったつもりでいると、後から悔いが残る可能性もあります。そんな訳で、求人情報というのは、基準だと思って、そういったたいへん肝心な内容は会社の方に直に確認を取るのが妥当です。

転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書を用意することが必須といえるでしょう。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必須だとされています。会社のほとんどは履歴書及び職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2点を作成しましょう。記載内容の魅力化を図ることも重要です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書き綴ります。また、過去の仕事以外にも、現職で果たした実績なども有効です。売上を過去○年の平均を△パーセントアップさせた、などかなり具体的に書いていきます。もしも、作成が難しいと思うなら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、良い文章を引き出してもらうなどしてみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用してみるのもよい転職をするための有効な手段です。

転職した際には、大体の場合、それまでの仕事でのほとんどは美化された記憶となります。

転職すると、だいたいの場合は前の仕事はたいていの記憶は美化されます。本当のところ現在の職務に納得できない点があるから、前向きに思い切って再就職を決意したはずなのに、いつの間にか不思議なことに転職後の会社よりも「前の職場のほうが心地良かった」と感じ始めるのです。それというのは極めて当然のことで、以前の職場では日々の仕事をこなすことに慣れていてさほど苦労なく与えられた仕事が淡々とこなせていたからというのがというのもあるでしょう。実際は「転職なんてしないほうが良かった」と悔やむほど、前の仕事のほうが職場の雰囲気や全体的な雰囲気が良いケースも考えられます。

前は職探しをする場合は「転職サイト」より、いつも「ハローワーク」で探していました。

かつての私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」で探していました。というのも大抵の転職サイトは、やはり都心の求人情報しか掲載していないからです。であったので、求人を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、掲載されているいくらか企業数や給料などで若干の見劣りがあるものの、昔から地域密着といった点ではピンポイントで見えるのはありがたいです。「ハローワークって地味な雰囲気がある」というイメージがある方もいるかと思いますが、思いもよらず、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、近いうちに転職を予定しているのなら、ハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時みたいなこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

転職の時の面接などの際に名刺を手渡してきたら、あなたも名刺を相手側…

再就職の面接などの場面で名刺を差し出してきた場合、あなたも名刺を相手側に渡すべきか?渡さないべきか?と悩んだ際は、大方は差し出す必要はないと知っておいてください。転職のための面接というのは仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動内のことです。ですから一般的に名刺をやりとりする場ではないのです。それに加えて、会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。ですので、相手から名刺を渡されたとしても、こちら側は、ただ受け取るだけで問題なくて、面接担当者に相手の方に渡す義務はないと判断できます。

『転職をしたい!』と思っていて、自身の意志が固いな…

『なるべく早く転職をしたい』とおもっている方、将来の進路がハッキリしているのなら、退職したいという旨をすぐに上司に言うべきです。ただし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、状況によって言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。また、実際に私もそういった経験があり、ズルズルと長引き結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職したいことをはじめて直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際では数ヶ月働いて退職出来たのはこの年の11月です。本来なら、年度末を契機にやめようとおもったのに、うまくいきませんでした。やっぱり人事の采配等もありますでしょうが、スタッフの希望を聞かずに、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでさすがに以前にも増して困ってしまいました。

転職の際の面接では、零細企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが…

再就職をする時に受ける面接では、規模の小さい企業であれば概ねは人事担当者になりますが、それ以外にも例を挙げるとしたら、これから仕事を一緒にしていく現場の一番偉い人、一言でいえば管理職である課長や部長が担当することになるでしょう。その中でも事務系・営業系といったジャンルでは、資格のみでは人の評価が難しいですから、自主的に自分をアピールしていくことがとても必要であります。面接担当から「この候補者は、堂々と自己アピールしてるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことがとても大事です。