こうした話は知人の話です。新卒時になにがなんでも働きたか…

こういう転職ができたという話は友人から聞いた話です。

  • こういう転職というのは従兄の友達の話です。新卒採用としてぜひとも入りたかった憧れていたA社で行われた最終面接までで行ったけど不採用になって、その後やむを得ず違う会社に就職しました。その後約1年半経った頃に派遣の求人サイトにおいてたまたまA社の紹介予定派遣の仕事を発見して、我慢することができずその時の会社を直ちに辞めて、A社で派遣勤務を開始、勇気がありますね。懸命に頑張ってそれから後計画通りにA社で正社員になれて、今ではやりがいを持って楽しそうに働いています。

  • 求人についての情報を見てみると、ほとんどの場合、多くの企業では…

  • 求人についての広告には、まともな職場では月の給与が記載されているはずです。しかしこの月収を見る時には、注意深く確認する事が必要です。その額の多い少ないだけ見て判断してはいけません。会社によっては、月収の金額の中身に「毎月15時間分の残業」が含まれているかもしれません。つまり残業代の金額を入れることで良い案件に見せて、人材を募集している場合もあります。また、基本給プラス歩合給で、歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている所もあったります。その手のよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は興味を持たないほうが賢明です。

  • 失業時に受け取れる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、…

  • 失業者に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、驚くことにこのような事実を理解していない人が少なくありません。失業中である限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて求職活動をしない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦りつつ仕事を見つけようとしてもよい会社を探すのは難しいです。会社の面接官も無能では無いので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といったことくらいは大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。運が悪ければ、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、受かりません。

  • もしもあなたが、「転職サイト」で自分の能力を思う存分発揮できるよ・・

  • 現在あなたが、「転職サイト」を活用して自身にぴったりの魅力的な仕事情報を調べているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録手続きを終え、紹介してくれる仕事というのは誰もが見られる公開求人とは異なります。その答えは、どう比べても、比べ物にならないほどにかなり質が良いといえます。それに加えて、あなたの希望にふさわしいものを調査しながら紹介してくれます。そういうわけで、これは結構ドストライクで求めていた希望する職種の求人をもらえたりします。もし仮に同じ求人に行きつくとしても、あなたが独自に最初から探す労力を考えれば、かなり効率的です。ですから転職を成功させる近道といえます。

  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

  • 近頃、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。「特許」を出すと、連絡が来る可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人に加えて、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンティングっぽい話が出てきたなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。あまりないことですが、ヘッドハンティング名目として、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、そのような業者は明らかにイカサマなので、騙されないように気を付けましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 万が一あなたが、転業の決心したなら、完全に周りにはその気持ちを悟られないように、…

  • 一度あなたが、転身の決定したなら、まったく会社の人にはひそかにその気持ちを教えないように転職活動していき、転身先が決まらないうちは、できるだけ会社内の人に知られないように普段どおりに業務をこなしていくのがもっとも安全です。この状態を維持していれば、希望通りの希望に知った転職先を見付けることができなくても、転身の予定を遅らせながら、現職にそれまで通りに残ってもトラブルの心配がありません。でもつい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲はその言葉に合わせた応対を取るようになります。そればかりでなく会社内で「辞めるつもりです」と言った場合、周囲からは「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。そうなってしまってから転職したい思いがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人は「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍中は、肩身の狭いと感じるしてしまうことになるかもしれません。

  • 今の時代の雇用形態が大きく変化したことにおいて、全世代の中…

  • このように現在の企業の労働環境の慌ただしい変化に関して、社会人の中で若い人たちは鋭く感じ取って、それはたぶん、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。従って、働き手といった人たちの労働力の「流動化」が活溌になっているので、よりこの先、若年層の転職への関心が増えると考えられます。そういったことから、勤め先を変えることは誰しもが身近な事柄として認識すようになります。同じ会社に定年まで勤務するのが当然の時代には、「転職」というと評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人もたくさんあったようです。けれども、社会が変化し今やっている会社のみに執着する意味も必要性も特に無いように思います。

  • 転職活動で面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

  • 転職活動をやっていると、面接において間違いなく質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、率直に話してもかまいませんが、これと違って転職理由についてそのまま話すのは問題です。転職理由でよくある収入に関する不満、人間関係に関する問題など、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。とはいっても、自分が不利益を被ると予想できることを何も考えずに話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しやすいので、かなり慎重に質問してきます。これに対して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容以外を話さないことに尽きます。さらに、「入社したなら、〇〇をしたいです」、「5年先はこういったことをしているだろう」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形で未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。

  • 今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり・・

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な企業は公表されたりと、罰則も強化されていますが、パーフェクトとは言い難いです。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。はじめに、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それぞれの項目について聞いてみることです。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。結局は答えられなかったり逃げようとすることがよくあります。中でも「給与」「休日」「残業」の箇所については、質問してみると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでも食い下がっていくと、ふてくされたような態度を見せ始めるため、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、見抜いた方が後々いいと思います。

  • 20代のうちに転職を2回経験し、現在、複数の資格をとるために・・

  • これまで20代前半に転職を数回経験し、そして現在、資格の勉強をしながら、「派遣社員」として働いています。常勤の勤務でないため、どうしても手取りは安いのですが、ですがその分、心と時間に大きな余裕が出来ています。もっと学生の頃に資格を取り、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。また、実際、そういった人をみると羨ましいと思ったりもします。以前までの私は自分と他人を比べてしまい、肩を落とす日もありました。今は結婚を経験し、生活自体が大きく変わり、前よりもその中で将来の目標も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。